FC2ブログ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 

「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」を
今頃になってやっと見ました。

この下、映画を見た人用の感想!!
ネタバレになります。


いやね、全体的には面白かったんですが、
やっぱり現実世界に話を絡めちゃうと
ノリがちょっとおかしくなったり、
かえって現実味がなくなったりしますね…

そもそも、ウラン爆弾が、
ハガレンの世界の発明品っていうのはどうよ!?
と思うわけですが、
そんなところは些細な問題です。

個人的に一番痛かったのが、
ウィンリーがかわいそ過ぎなところ。
2年間も待たせたウィンリーに
4~5分再開しただけで、
今度は永遠のお別れっていうのはどうよ…

また、それを悟ったウィンリーが
自分に言い聞かせるように
「…もう…待たせてくれないんだね」
ってつぶやくのはさ…
基本的に『かわいい女の子は幸せになるべきだ!』主義な自分には
そこら辺があまり納得いかないわけです…。

唯一の救いはマスタング(元)大佐は
やっぱり大佐だったっていうところかな。
大佐萌え(←萌えとか言うな!)な自分的には、
大佐が大佐でいてくれてよかったと思います(←わかりにくい)

結局、エルリック兄弟2人は一緒になれたわけですが、
それ以外の人達とは永遠の別れになってしまったわけで…
ハッピーなのかハッピーじゃないのか
よくわからないエンディングにちょっとがっかりでした。

まぁ、ハガレンらしいと言えば
それらしいストーリーかもしれませんが、
『今まではあまり救われないストーリーだったから、
 せめて映画ではみんなが救われて欲しい!』
と思ったのが正直なところでした。


PS:
ノーア(こっちの世界のヒロイン?)がなんとなく萌えました。
……なんでだろ!?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maniaword.blog55.fc2.com/tb.php/75-a4ca2c6b









アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。